キーレスエントリー ドアリモコンのアクチュエーターの修理です。

  • 2015.04.05 Sunday
  • 21:50

リモコンドアロックが壊れました。
どうやら、アクチュエーターのモーターが壊れてしまったようです。

ネット通販では、リモコンキー一式で2千円台から売られています。
中には、アクチュエーターが4個も入って、3千円という格安品もあります。
一方、アクチュエーター単体では 下は400円台から、上は 2000円台と幅広い価格帯の物が見つかりました。

安い物はすぐにまた壊れてしまうので、レビューで評判が良かった、送料込みで1400円程度の物を注文し、早速取り付けてみます。


これが、壊れていたアクチュエーター。
ゴムの部分が劣化しています。ここから水でも浸入したのでしょうか。



今回購入したアクチュエーターは、まったく大きさも形も一緒だったので、単純に取り替えて作業終了です。

ドアの内張を取り付けて試すと、微妙に位置がズレていたのか、うまく動作せず、外してやり直し。

それを3回繰り返して、ようやく元通りに作動しました。

さて、このキーレスエントリーシステムは、このクルマを4年前に購入してからすぐにDIYで取り付けました。

そのときの記事へのリンクをここへ貼ろうと思い、このブログを検索してみましたところ、どこにも記載がありませんでした(-_-)

エンジンスターター機能付きのキーレスエントリーシステムなので、取付には結構苦労したのに、その記録は付け忘れてしまっていたようで、残念です。

 

キャンピングカー ソーラーパネル コントローラーの交換 ノイズ対策

  • 2014.05.18 Sunday
  • 21:36

我が家のキャンピングカーの屋根に取り付けたソーラーパネルは順調に充電を続けてくれています。
そしてこちらのコントローラー、安い割には性能も良くて気に入っていたのですが、アマチュア無線をやるようになってから様々な弊害ができていました。

7MHz帯をモービルホイップで受信すると、秒間5回ぐらいの連続的なノイズが発生することが分かりました。

V型アンテナを5メートルも上げて運用する分にはまったく問題はないものの、強風時や駐車場が混雑していて大きなアンテナを設置することができないときに、モービルホイップで運用したいのです。

そこで、こちらのコントローラーを購入。名刺サイズで5千円弱という、若干お高めの製品ですが、国内メーカーの製品なので安心です。


日本語の丁寧な説明書と、1年間の保証が付いてきています。


こんな感じに取り付けました。

無線機をモービルアンテナに接続して受信してみると、ノイズは出ていないようです。
さすが日本製です。製造は台湾のようですが……、大事なのは設計なんです。


自宅の駐車場では受信環境がとても悪いので、近所の埼玉県蓮田市 山ノ神沼 に移動して運用してみました。
日曜日のため、7MHz帯全体が賑わっていて空き周波数を見つけられませんでした。

福島県と北海道の移動局のCQに応答する形での交信となりましたが、しっかりと電波が届いていて、受信もバッチリだったので安心しました。

明日は仕事が休みなので、秩父方面に移動の予定です。




にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

面倒でなければ上のバナーをクリックお願いします。  

キャンピングカーの屋根にソーラーパネルを載せました。

  • 2013.07.29 Monday
  • 23:17
 久しぶりの、キャンピングカーのDIYを紹介します。

今回は、ソーラーパネルの設置です。

我が家のキャンピングカー グランドテディのルーフにはマックスファンが付いている
関係で、ソーラーパネルは横長に設置することになります。

ところが、車体幅は1900mmあるのに対して、ルーフの平面の幅が意外と短くて、
通常の長さ1210mmのソーラーパネルが載りません。

そこで、当初は60Wタイプで我慢するかと考えていましたが、ネットで丹念に検索して
いくと、ありました。ぴったりなのが。

ドイツQ-CELLS SE社シリコン使用★単結晶18Vソーラーパネル100W
気になるサイズは 1016×670×30mm
お値段は1万5千円。送料は2千円。

ちょっと送料が高いんじゃ…と思いましたが、他はすべて売り切れで、こちらで注文。

現在はこの店も在庫切れとなってしまいました。もしかして、日本国内で最後の1枚だった?



では、さっそく取付を始めましょう。

こちらが、日本国内で最後の1枚だった(本当かい?!)ソーラーパネル。
前日までの下準備で、L字のアルミチャンネルを取り付けてあります。
2013-06-22 09.35.58.jpg

ルーフの形状で、10mmのすき間を下に作ってあります。
2013-06-22 09.36.04.jpg2013-06-22 09.37.00.jpg

もともと付いていたケーブルは80センチ程度なので、接続端子の元から
5スケのケーブルに交換済みとなっています。こちらも前日までの作業。
2013-06-22 09.36.43.jpg

ソーラーパネルは8Kgなので、重量物ではないものの、クルマのボディーに当てると
確実にキズか付きます。
屋根にのせるためには脚立に登らねばならず、でもパネルで両手がふさがれていて…
一人でルーフにのせる作業が一番困難を極めましたが、何とかなるものです。
2013-06-22 09.41.05.jpg


あらかじめ空けておいた穴の位置をルーフにけがきます。
2013-06-22 09.48.21.jpg

躊躇することなく、電動ドライバーで穴を空けます。
間違えたら埋めれば良いじゃん。そのぐらいの決断力が試されます。試練です。
2013-06-22 09.53.10.jpg

パネルを一時的にずらして、穴の周辺にシリコンを盛ります。
2013-06-22 10.00.12.jpg


タコ足リベットで接合します。
ぎゅ〜〜、パチン!と景気よく音が鳴ります。
2013-06-22 10.09.25.jpg

なお、タコ足リベットという名前は通称なので、ホームセンターで買うときは
「ブラインドリベット PLタイプ」で探しましょう。
2013-06-22 10.21.26.jpg

リベットの頭の上からもシリコンを盛ります。
なお、ルーフの形状の関係で、アルミチャンネルにどうしてもすき間ができて
いたのですが、リベットで締め付けられてこんな感じにアルミがたわんでいます。
パネル本体との接合のためのネジと位置をずらしていたおかげで、うまく力が
逃げてくれているようです。結果オーライです。
2013-06-22 10.20.51.jpg

配線は、マルチルームの換気扇付近に穴をあけて通しました。
2013-06-22 11.46.15.jpg

車内から見ると、こんな感じですね。
2013-06-22 11.46.54.jpg

マルチルームから配線を出して、コントローラーを接続している様子。
2013-06-22 13.14.57.jpg

2013-06-22 13.13.35.jpg


テスターの表示をみると、早速充電が始まっているようです。
4.1アンペアで充電中。
フル充電に近づくにつれて、徐々に下がっていき、最終的にはフル充電で0になります。
2013-06-22 13.19.08.jpg

DSC00036.JPG

晴れた日は、マックスファンを回しっぱなしにしても、まだおつりが返ってくるぐらいの
発電力があるようです。

E50エルグランド特装車 キャンピングカーのマフラー交換!

  • 2013.04.10 Wednesday
  • 09:47
 最初は、後ろに積んでいる荷物がカタカタ音が鳴っていると思っていました。

キャンピングカーには、食器類や工具など、あらゆる物が積んでいるので、いろんな音がします。

でも、カタカタ音があまりにもうるさいので、何度か音の発生源を探ってみたものの、見つからない。

そんな状態が1週間続いたわけです。

あるとき、室内ではなく下から鳴っているのではと気付いたわけです。

のぞいてみると、なんと! マフラーが外れて、落下寸前に。

辛うじて、ゴム製のリングと、他の部品の間に挟まっている関係で落ちずにゆらゆら揺れているのでした!

近所の日産サティオ埼玉に持ち込みました。

あ〜、これはマフラーを交換ですね、ということで、見積額は9万8千円。

こればかりは自分で直すこともできないので、それでお願いすることにしました。





上の画像にあるほとんどの部品が交換することになりました。
9万8千円のうち、工賃は1万3千円ぐらいですね。ほとんどが部品代。






ネットで検索してみると、マフラー交換は車種によってはもっとかかるみたいです。

意外とお安く交換できたと思えば、臨時出費の痛さが和らぎます。

ちなみに、部品が届くまでの期間は、落ちかけていたマフラーをDIYで仮補修。
針金等を駆使して、補修して乗ることになりました。

ちょっと音が大きいかなという程度の違和感だったので、マフラーが外れていても
気づかないで乗り続ける人もいるかも。点検のときにビックリすることになりますね。

E50エルグランド特装車 グランドテディ 燃費最高記録更新! 9.94km/L

  • 2013.01.19 Saturday
  • 22:35
2013-01-19 18.55.49.JPG 

那須IC〜久喜IC〜白岡市自宅までの142kmの行程で、過去最高の9.94km/Lという低燃費記録が出ました。

ちなみに、同じ行程を行きは7km/L程度でした。

東北自動車道は下りよりも上りの方が燃費がよい傾向(高低差の関係だと思う)にあるものの、今回の
燃費の良さは格別です。

ず〜っと走行車線を我慢して走ってみたら、やっぱり燃費が良くなります。制限速度100キロの道路を
70キロで走っているクルマがいても、我慢して抜かしません。その我慢が心のゆとりと低燃費をもたらす
のです。

ちなみに、ペースとなっているE50エルグランドのノーマル車が現役でたくさん走行していた頃の燃費を
ネットで検索してみると、みなさん街乗りで4〜5、高速で6km/Lぐらいという感じのレポートが
多くあるので、我が家のキャンピングカーはかなり優秀なのではないでしょうか。エンジンは同じで
車体は重くなっているのに。

なお、燃費対策としてバッテリーにコンデンサをつないでいたり、アーシングと呼ばれる電線をつないだり
という対策をしているけど、その効果もあるのかな。でもやっぱり、画像で紹介している燃費計をみながら
燃費の良いスピードと回転数に調整しながら走行しているということが一番効果があるのかも。

キャンピングカーの室内灯をLED化!

  • 2012.07.15 Sunday
  • 23:16
2012-07-15 19.13.45.JPG 
我が家のキャンピングカーの主照明は蛍光ランプです。
42cmの蛍光灯が2本入っています。

2012-07-15 19.13.53.JPG
電流計で計測してみると、1.6A。

サブバッテリーの電圧が12Vとして計算すると、消費電力は約20ワットということになります。

まあ、停泊中にインバーターを通して液晶テレビを観ることに比べれば大した消費電力ではないのですが、もったぃないので小まめに消して、車内ではキャンプ用のLEDランタンを主照明にしたりしています。

ここまでは前置き。ここからが本題です。

先日「キャンプカーマガジン」の記事でキャンピングカーのLED化の記事が載っていたので、私もやってみようと思い立ちました。

2012-07-15 19.16.33.JPG

購入したのはこちら。
5メートルに600球のLEDが入って、5000円弱でした。

2012-07-15 19.16.54.JPG

こんな感じですね。3球ごとに、12V用の抵抗器が入っているで、好きなところで切断できます。

2012-07-15 19.24.57.JPG

早速、照明機器を取り外します。この辺までは躊躇なしです。

2012-07-15 19.26.07.JPG

コネクターを外します。

2012-07-15 20.27.13.JPG

ここからは自称「ものづくり工房」なる室内での作業となります。


2012-07-15 20.26.56.JPG

中に入っていた蛍光灯は、見慣れない海外製のようです。
つまり、輸入されてからこれまでの間、一度もランプ切れはなかったようです。なかなかやるな、蛍光灯。

2012-07-15 20.27.22.JPG

配線をいじるためには、リベット接合されているカバーを外さねば。

ニッパーやベンチやラジオベンチやマイナスドライバーを総動員して外しにかかります。

この辺から、もう後戻りできない雰囲気に…

「負けられない闘い」のスタートです。

2012-07-15 20.35.06.JPG

外れましたよ〜。

2012-07-15 20.35.19.JPG

中に入ってた基盤。

こちらで、直流12Vを疑似交流100Vに変換して蛍光灯にお届けしているんですね〜。

2012-07-15 20.36.38.JPG

せ、切断するコードの色を間違えると爆発するぞ……

うそです。

2012-07-15 20.40.17.JPG

白コードはマイナス極。

赤コードは、スイッチを経由してきたプラス極です。

2012-07-15 20.46.36.JPG

蛍光灯と同じ長さのところで、切断します。

2012-07-15 21.08.38.JPG

配線コードを半田付けします。

2012-07-15 21.21.22.JPG

いや〜、地道な作業でした。

30分ぐらいかかったかな。

中学生の頃、アマチュア無線のアンテナ線などを加工していた時代を思い出しました。
あの頃は2時間でも3時間でも作業に没頭できたんですよね〜。

2012-07-15 21.51.12.JPG

LEDテープには両面テープが付いているので、機器に貼り付けるのは簡単でした。

2012-07-15 21.51.18.JPG

こんな感じに接続しました。すべて並列接続ですね。

2012-07-15 21.51.29.JPG

反対側は、こんな感じですね。とくに何もしません。

2012-07-15 22.01.59.JPG

はい、LED化の完成です。

白色LEDなのですが、ちょっと青っぽいですね。

色温度が高すぎです。

もうちょっと暖かい感じの色が好きだけど……

でも、「負けられない闘い」に勝った!

そんな瞬間でした。



が…




このあと、衝撃の真実が…



2012-07-15 22.02.13.JPG

ガビーン。

電流値は2.0Aにアップしている…

蛍光ランプ  1.6A
    ↓↓↓↓↓
LEDテープ 2.0A

2012-07-16 08.02.32.JPG←プチもがっくりです。

これでもまだ蛍光ランプと比べて暗めなので、同じ明るさにするにはLEDを増やすことになります。
すると、更に消費電力がUPするわけで…

本日の結論
「蛍光灯最高だったぜ!」
LEDに乗り換えて、ごめんね。いつか元に戻すから…

2012-07-16 09.13.52.JPG

タイヤ交換!

  • 2012.07.14 Saturday
  • 23:31
 
グランドテディーが我が家に来てから2年が過ぎました。

当時の走行距離が5.9千キロで、現在は8.7千キロです。

2年間で3万kmぐらい走ったことになりますねー。

中古で購入したときに付いていたタイヤがもうツルツルになってきたので夏のボーナスで思い切って新品に交換することにしました。

交換はいつもお世話になっているカーセルスワタナベさんで。

2012-07-14 13.38.43.JPG
これが新しいタイヤ。

グランドテディはE50エルグランド特装車がベースになっているので、
ライトトラック用の16インチでちょっと特殊なサイズなんです。

2012-07-14 13.38.18.JPG

これまでと同じブリジストン製のタイヤですが、タイプが新しくなっていて、溝が三本ラインでした。

ちなみにこれまでは4本ライン。

2012-07-14 14.22.10.JPG
タイヤの幅は205弌

ちょうど、プチの胴体と同じサイズでした。

キャンピングカー 水道栓の修理をしました。

  • 2012.02.25 Saturday
  • 23:33
 2012-02-25_14-11-42_218.jpg

先日の道の駅きょなんでP泊中に、水道栓のスイッチが故障しました。
ポンプが動かないのでおかしいなぁとつまみをひねっているうちに…

2012-02-25_14-11-11_791.jpg

スポンととれてしまいました。

あわてて戻そうとしたのがいけなかったようで、中にある小さな金具がぽろっととれてしまいました。

2012-02-22_19-27-01_228.jpg

壊れたスイッチが元通りになるかどうか不明なため、水道栓ごと交換することにしました。

いつもお世話になっている、ロータスパーツセンタに注文。

スイッチ付きシャワー蛇口・白(SJ002W) 8925円也。

同じものが他でも販売されていましたが、売価は店によってかなり違いました。

2012-02-25_14-12-41_613.jpg

中身はこんな感じですねー。

コックを回すとポンプのスイッチが入って水が出てくるだけかと思いきや、
きちんと水の出も調整する仕組みなんですね。

結構すぐれものです。

2012-02-25_14-14-48_964.jpg

では、さっそく古い水栓をとりはずしにかかります。

2012-02-25_14-29-28_388.jpg

こんな感じで、スポッと抜けました。

2012-02-25_14-25-14_888.jpg

こちらが、いままでお世話になっていたシャワー蛇口さん。

10年間お疲れ様でした。

2012-02-25_14-28-31_24.jpg

新しい水栓のポンプに接続する配線に端子を取り付けます。

2012-02-25_14-47-05_177.jpg

どうですか−。

新しくなりましたよー。

でもどういうわけか、コックを回したときにスイッチが入っている音はするけれど、

ポンプが作動しませんでした。

テスターで導通試験をしてみると、どうやらスイッチがうまく作動していないようです。

おい、お前もか。

で、またまたコックをおそるおそる外してみると…

2012-02-25_17-10-33_890.jpg

あーあ、またやっちゃった〜。

小さな金具がぽろっと…

それから小さな金具との格闘が1時間半…

そしてとうとう、この金具の「あるべきポジション」が判明しました〜

2012-02-25_17-13-11_858.jpg

これが正解。

山のようにぽっこりとなっているのが小さな金具。

この状態がスイッチON。

で、コックについている引っかかる部分に下の金具が持ち上げられるとスイッチOFF。

2012-02-25_18-58-56_744.jpg

これがコックの内側。

中心から11時の位置に、金具を押す突起があり、水栓を閉じている位置でスイッチの金具を押す。

2012-02-25_19-33-50_688.jpg

はい、ようやく修理完了です。

もう夜です。


2012-02-25_15-30-44_512.jpg

ちなみに、いままでお世話になっていた古い方のシャワー蛇口さんは、
スイッチの形状がちょっと違いました。

2012-02-25_16-53-12_841.jpg

で、こちらはこれが正解。

山のようにぽこっと出ている部分が、外れていた小さな金具。

これが押されると、くいっと変形してスイッチがOFFになる構造。

せっかく解明したので、図示しようと思いましたが、ちょっと大変なので割愛します。

もし、リクエストがありましたら図解しますよ〜。

クルマが凹んで、私もヘコむのであります。

  • 2011.09.01 Thursday
  • 22:15
 IMG_2754.JPG

忘れもしないあの日。

いつだったかは忘れたけれど。

自宅の駐車場でバックしているときに、バッコンという音がしたのであります。

家族三人がそろって、見に来たのであります。

なぜかみんな興味津々で、うすら笑顔なのであります。

隣りに置いてあった妻の車は無事なのを息子が確認し、妻に報告。

娘が、どこにぶつけたのかをしきりに知りたがるのを制して、家に舞い戻る三人。

ぶつかったのは、自宅の雨戸の出っ張り部分。

IMG_2756.JPG

角度を変えると、こんな感じに。

あまり変わりばえしませんね。

つまりはクルマの後ろの角が凹んでいるのであります。

早速注文したのが、鈑金道具一式。

IMG_2758.JPG

まずは、シリコーンリムーバーで、油分を落とします。

IMG_2759.JPG

続いてヒートガン。

初めて手にしたのですが、この温風は強烈です。

ドライヤーに形は似ているけど、まったくの別物です。

スイッチを入れたとたん、熱風が吹き出してきます。

IMG_2760.JPG

患部を暖めます。

IMG_2757.JPG

ケミカルブーラーの登場です。

IMG_2761.JPG

ヒートガンで鉄板があったまったころ、ケミカルブーラーを押しつけ、冷却。

IMG_2762-1.JPG

はい、こちらがスライドハンマーですね。

IMG_2763.JPG

スライドハンマーの先端に先ほど接着したケミカルブーラーを引っかけて、引っ張るのであります。

IMG_2764.JPG

結果は、この通り。

何度か繰り返してみましたが、あまり変わりませんね。

変わりばえしません。

ますますヘコむ私なのであります。

これだけ鋭角に凹んでいる場所では、この方法ではビクともしないのであります。

IMG_2767.JPG

こんな作業で終わらせるのはいやなので、プチ改造を。

テーブルを使わないときの収納場所を、こんな感じで作りました。



鈑金修理への飽くなき挑戦は、まだまだ続くのであります。

サイクルキャリア FIAMMAキャリーバイク プロ の取り付け

  • 2011.05.29 Sunday
  • 21:56

2代目キャンピングカー グラントテディに乗り換えてからすぐに購入した
サイクルキャリア「パックパック」。

自転車2台を何とか乗せることに成功したものの、フックで引っかけるだけの
構造のため、心配で運転中に何度もバックモニターをチラ見することに。

そこで、ずっと以前から考えていた固定式のサイクルキャリアの取り付けを
本気で考えてみることにしました。

ですが、初代キャンピングカー アラモスペンドでサイクルキャリアのDIYは
苦労する割に今ひとつ安心感が伴わないという経験をしています。

その辺のことについては本館のこちらのページをどうぞ。

    ↓  ↓  ↓  ↓
http://yumetec.net/camping%20car/labo/cycle/cycle.htm


そこで、今回はいつもお世話になっているカーセールスワタナベさんにお願いする
ことにしました。

予算は10万円以内。おそるおそる訊いてみると、たぶんその金額まではいかない
とは思いますよ、とのこと。でも、やってみないと見積もり額は出せないらしい。

で、一週間、クルマを預けて、つけていただきました。



部品代+工賃の合計は7.4万円。
予算内に余裕で収まっていて、ホッと一安心。
取り付けに当たっては、中に補強材を挟んだり、サイクルキャリア本体を加工したりと
かなり苦労されたそう。

わかります。その苦労。

支払いのときに、本当にその金額でいいんですかと念を押したところ
ワタナベ社長は「これ以上はとれないですよー。」と笑顔でした。

やはりプロの仕事です。



上はこんな感じに取り付けてあります。
表面から見ると、穴開けてネジ留めをしているだけにみえるんですが、その裏には
様々なドラマがあるわけで…



下はこんな感じに仕上がっています。
こちらも外から見ると、スッキリとついています。
上下ともに、がっちりと補強材が入っているので、びくともしませんよー。

体重をかけて押したり持ち上げたりしても、車体全体が上下に振られるぐらいに
頑丈でした。スバラシイ。



さっそく3台の自転車を乗っけてみました。
余裕です。

実は、オプションを追加すればもう一台乗せられるのですが、残りの一台は
折りたたみ自転車なので、車内に積むことになるので、これで我が家の目標が
達成しました。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ランキングにご協力お願いします。

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 湯-2584,100の湯(埼玉県加須市) 2016年無線移動運用納め
    JM1FMG@夢テック管理人 (01/01)
  • 湯-2584,100の湯(埼玉県加須市) 2016年無線移動運用納め
    JF0JNU (12/31)
  • ベランダ壁面にアンテナローテーターを取り付けました。
    夢テック管理人@JM1FMG (10/20)
  • ベランダ壁面にアンテナローテーターを取り付けました。
    山本 (10/17)
  • 湯-4053,なめがわ温泉花和楽の湯(埼玉県比企郡滑川町) アマチュア無線移動運用
    夢テック管理人@JM1FMG (10/04)
  • 湯-4053,なめがわ温泉花和楽の湯(埼玉県比企郡滑川町) アマチュア無線移動運用
    miura (10/04)
  • 湯-4051,都幾川四季彩館(埼玉県比企郡ときがわ町) 4.7m長 釣竿アンテナ(2)
    JM1FMG@夢テック管理人 (07/29)
  • 湯-4051,都幾川四季彩館(埼玉県比企郡ときがわ町) 4.7m長 釣竿アンテナ(2)
    JF0JNU (07/25)
  • 湯-4054,フレンドシップハイツよしみ・LA−16,八丁湖(埼玉県比企郡吉見町) 釣竿アンテナ(44)
    JM1FMG@夢テック管理人 (05/29)
  • 湯-4054,フレンドシップハイツよしみ・LA−16,八丁湖(埼玉県比企郡吉見町) 釣竿アンテナ(44)
    JF0JNU (05/29)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM