ベランダ壁面にアンテナローテーターを取り付けました。

  • 2013.12.23 Monday
  • 21:29
我が家は旭化成のスクラムハウスという、木造住宅です。
2階建て家の上に、70センチの柱を延長させて、3階をつくるという、
言わば2.4階建てという特殊な構造なのです。

その3階のベランダに、ルーフタワーと同等の機能を果たすものを作ろうというのが今回の計画です。
地上から見上げるとこんな感じに見えますね。
DSC00917.JPG

で、こちらがベランダ部分のアップ。
左に見えるのはテレビアンテナ。
右に見えるのは作業用に置いてある脚立です。
DSC00918.JPG

こちらがローテーターですね。
ローテーターは、オークションで買いました。
分解して、グリスアップをしたりして、当分はこれでいけそうです。
ローテーターの台は、ロケット無線で販売している製品です。
U字ブラケットが単管パイプには適合しなかったのでホームセンターで購入したものと交換しています。
穴はそのまま無加工で取り付けられました。

DSC00913.JPG


壁面には、足場用のこれを使用。
本来の使い方ではありませんが、4カ所の穴を使って壁面を貫くようにネジ止めしています。
壁面の裏側は収納スペースなので、2×4材で補強しています。
DSC00912.JPG

足場用の単管パイプをこんな感じにハシゴ状に組んでいます。
DSC00909.JPG

ローテーター台の上には、こちらも同じ台を使ってマストベアリングを取り付けてあります。
ローテーター台とマストベアリングの台の間はおよそ70センチぐらいですね。
もちろん、この間隔はいつでも変更可能です。
ネジを緩めて、するするっと上下に移動もできます。
DSC00910.JPG

現在のところ、3メートルの単管パイプに144MHzと430MHzの自作八木アンテナ、天辺にはコメットの短縮V型ダイポール(7〜50MHz)が取り付けてあります。

 
コメント
山本さん こんばんは。
上の写真で「足場用のこれ」と表現している、壁に固定しているのと同じ足場用の足を使用して、置いてあるだけです。別に空中に浮いていても強度的には問題はないのですが、気分的にこちらの足を使用しています。ゴム製の黄色い専用カバーを被せているので床面は傷は付かないです。参考になりましたら幸いです。追加で写真等が必要でしたらメールで送ることもできますので、またお知らせください。
  • 夢テック管理人@JM1FMG
  • 2016/10/20 9:35 PM
はじめまして
山本と申します。
貴局のブログを始めて拝見しました私も同じような住宅環境で運用していますがANTはBFで3階部分にシャックがあり、ANTは2階のテラスから2.5mのアルミパイプを立て同じくコメットのV型DPを取り付けています。
リグより低いANTの給電点です

貴局の写真を拝見すると足場パイプをうまく利用してはしご状のタワーを組まれています。このタワー真似させてください。
一つ質問があります。足元はどのような構造になっているのでしょうか、よろしければ教えてください、Xにはテラスの防水がだめになるちお現状でも怒られています
  • 山本
  • 2016/10/17 6:24 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ランキングにご協力お願いします。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM